2021/04/16 20:31



こんなもの、あんなもの、依頼者さまの希望、革で形にしてみました





剪定師さんからのオーダー、使い慣れた仕事道具を送ってもらい
道具一つ一つに合わせた収まりの良いポケット
ブロンズフックでシンプルな一本ロープ
手触りのいい鹿革でまとめたスクエアタイプのウエストバッグ




既製品の合皮製のグリップはしっくりこないので本革で革張り
カラーは派手目のイタリアンオレンジと、落ち着いたアイリッシュブラウン







昭和30年代のタオル織機、この時代、今だ現役で稼動中
まさにヴィンテージの味わい、各部にレザーパーツは当時から
左右のシャトルを受け止めるスライドストッパーをオーダー
加工業者も減りつつ、レザーのことなら何でもお任せのR.に




南米のお友達からウォレットのオーダー
ネームは銅線を曲げてロールプレスで味のあるロゴ
世界でひとつはやっぱり良いものです~







渓流釣師さんからの刃物持ち込みでのケースをオーダー
ブッシュでの枝狩り用の鉈はウエストループでしっかり手元の位置に
刃先の木くずは、ケース先に溜まらないようにトップをオープンに
ディアホーンのグリップが渋いナイフはブラックレザーでバッグに掘り込むスタイルで





お父さんから娘さんへの贈り物、本人をイメージしたカラーリング
唐草の刻印がエレガントな感じを際立たせてまとまりの良い仕上がり
とても気に入っていただきました!


ゴルフの会員プレートをレザーケースに、仲間同士で合わせて良い感じ


ちょっとお出かけ用のセカンドバッグ
ストラップを手首に通してつかむスタイルで、ファスナーチャームは鹿革で
開閉もスムーズ~鮮やかな青から深青へのぼかしが独特なカラーリング




ふらっと一人で一泊旅行ぐらいのサイズ感でのオーダー
ずっと持ち歩くのでショルダーロープは少し幅広で疲れない感じで
カラーリングは長年付き合える色合いでモスキャメルで




皆様、イメージ、思い、使いかっては10人十色
作りながらいろいろ考え、悩んで思いつき、依頼者さまのイメージを形に・・・
楽しい日々奮闘しています~~~